人気ブログランキング |

HOME

fairlylife.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おいしい贈りもの part1

先日、ドキドキしながらパン便を送らせてもらったなおちゃんから、さっそくお返し便が届きました!
e0219175_23333669.jpg
なおちゃん手づくりのパンに、地元のおいしいヨーグルトにお茶まで、たくさん!

*いちごとホワイトチョコのカンパ(サフ)
*ルヴァンフィグ(ホシノ)
*カフェオレチョコ食パン(サフ)
*黒ごまカマンベール(サフ)
*さくらワッフル(ホシノ)
*アップルソースグラノーラ
パンは種類も豊富にいろいろ作ってくれました。
カンパに練りこんであるいちごは、先日こちらで紹介したセミドライストロベリー。実はなおちゃんから教えてもらって作ったのでした。ホワイトチョコとの相性抜群!いちごパウダーで生地もピンク色。春らしいパンでした〜
息子たちはカフェオレチョコ食パンに食いつき(笑)今度作って〜とリクエストされました…


ヨーグルトは岩手の"岩泉ヨーグルト"。何と2kg入りのビックサイズ!
送ってもらう前にサイズのことは聞いていたのですが、実際見てみるとその迫力にびっくり!でも、食べてみてまたびっくり‼もっちり、とろーり驚きのおいしさでした〜

お茶は桑の葉のお茶です。
これは、パンやヨーグルトを食べ過ぎた胃腸のためになるものを、というわけで健康茶(笑)もちろんお味もおいしかったですよ。
e0219175_23333798.jpg
さっそく朝ごはんに。なおちゃんパンとヨーグルトの盛り合わせを。うーん、しあわせ朝ごはん❤

なおちゃんは、働くママさん。お仕事しながら、毎日のようにパンを焼いて、お休みにはパン教室へ習いに行っていたり…そんな中、私にこんなにたくさんのパンを、焼いてもらって、ほんとに嬉しかったです!

なおちゃん、どうもありがとう💕

そして、もうひとつ贈りものが。
akkoちゃんが、実家に帰省中に、近所の人気のパン屋さん「ル・シュクレ・クール」のパンをたくさん送ってくれました!
e0219175_23333665.jpg
バゲットやクロワッサン、ドライトマト入り、チョコとドライフルーツ、なでしこという桜の時期のパン、かぼちゃベーグル…
なかでも予約必須のクロワッサンはこれまた絶品!一日たっていてもおいしくて、おいしかったです。
ほかのパンも生地とフィリングのバランスも良くて、好きな味ばかり。近くにあったら通いたいパン屋さんの味でした。

akkoちゃん、どうもありがとう💕
by always-genki | 2013-03-27 23:33 | わたし

柑橘類のジャム

先日作ったパール柑のジャム、どうやって作るの〜の声がまたしてもあがり(笑)私が作っているレシピを書いてみようと思います。
e0219175_2284619.jpg

<用意するもの>
柑橘類 約1kg
いろいろ種類はありますが、何でもいいと思います。皮ごと食べるので、そのあたりは安心なものを…八朔や夏みかんだとさっぱり、伊予柑やはるみ、清見オレンジあたりだとジューシーに仕上がるかなと思います。みかんやグレープフルーツは残念ながら、試したことないです…
グラニュー糖 柑橘類の35%〜50%くらい
普段はきび砂糖を使いますが、ジャムは色のついていないお砂糖のほうが色も綺麗で味もスッキリする気がします。私はピートグラニュー糖を使っています。
りんご 半分
レモン汁 20ml

<作り方>
①いつもより丁寧に洗った柑橘類の皮に、包丁で切り込みをいれてからむく。白い部分が分厚いところは少し削いで、同じくらいの厚さにする。
②皮を3mm角くらいの角切りにする。スライスが好きなかたはスライスで。
③切った皮をお鍋にいれ、水から茹でて、沸騰したら数分煮て、ざるにあける。これを3回繰り返す。
④皮を煮ている間に、薄皮からひとつひとつ実をとりだして、種と実に分けておく。種はまとめてお茶パックなどの袋にいれる。実は軽くほぐしておくとよい。
⑤大きめのお鍋に、茹でこぼした皮、ほぐした実、種の入った袋、りんごのすりおろし、レモン汁を入れひと混ぜする。
⑥お砂糖の4分の1量を加え、軽く混ぜ合わせてから火にかけて、弱火でコトコト炊く。
⑦残りのお砂糖を3回に分けて加え、焦げつかないように時々かき混ぜる。あくが出てくるようならすくう。お砂糖は一度に加えるよりも数回にわけて加えた方が、甘みがしっかり入っていくそうです。
⑧お好みの煮詰まり具合のところで火を止めて、冷ましたらできあがり。冷めると固まるので、かなり手前で火を止めてよい。

私はいつも、できあがったジャムは、熱々のまま瓶詰めをして、逆さにして冷まします。長期保存をしたい場合は、脱気をして。きちんとできていれば、一年中楽しめます。ただ、糖度が低いし、手づくりはカビたりしやすいので、早め早めで食べちゃってくださいね。

このレシピはジャムというより、ソースに近い感じ。トーストはもちろん、ヨーグルトと一緒にたべたり、パン生地に練りこんで焼いたりします。

次は夏みかんジャムを作ろうかな…夏みかん、待機中(笑)
毎年この時期になると、夫の実家のご近所さんの木になるらしく、先日もたくさんいただいてきました。
e0219175_2284776.jpg
まずは瓶を買ってこなくちゃ!ですね。
by always-genki | 2013-03-23 23:50 | レシピ

おにぎりランチ

長期休み前、半日保育になると必ずやる「おにぎりランチ」。
同じ幼稚園に通う近所の仲間5組が誰かの家に集まって、それぞれ担当を決めておかずやおやつを持ち寄って。集合するお家はごはんを炊いて。お昼になると、母たちでおにぎりを握って、持ち寄ったおかずと一緒にランチ。そのあとはおやつを挟んで、夕方までたっぷり遊ぶ!
先週、卒園式のためお休みだったので、集合がかかりました(笑)
e0219175_1223492.jpg
ランチのおかずはから揚げ、ポテトサラダ、フランクフルト、ミニハンバーグなど。こども中心のメニューになりますが、家庭の味の違いも面白いところ。

そしてこの日はひとりのママがお誕生日だったので、サプライズでお祝い!
こっそり相談して、お花を用意して…集合時間も遅く伝えて。そして到着するなり、クラッカーでお出迎え。ハッピーバースデーの歌も歌うはずでしたが、それはこどもたちが恥ずかしがってできず…
でも、ほんとにびっくりしたみたいで、涙を流して喜んでもらえました!サプライズ作戦大成功‼

そして、おやつの時間。
おやつの担当だった私、ちょっとがんばってケーキも焼きました。と言っても簡単でおいしい、なかしましほさんのガトーショコラ。
e0219175_1223479.jpg
ほかのおやつも一緒に。黒ごまスティック、ココアとマーマレードのクッキー、バナナマフィンにりんごマフィン。

ちょうどホワイトデーの翌日だったので、お返し用にいちごクッキーも。生地には、先日のセミドライストロベリーを作る時にできるいちごシロップ入り。
みなさん喜んでくれてなにより。

親子ともに、楽しい楽しい一日になりました!
by always-genki | 2013-03-19 12:02 | かぞく

パン焼きday

先日、お友達にプレゼントするべく、パンをたくさん焼きました。
e0219175_733675.jpg
*油脂なし山食(あこ酵母)
*米粉入り黒ごまミニ食パン(あこ酵母)
*玄米小豆ブレッツェン(ホシノ丹沢酵母)
*よもぎベーグル さくらあん入り(ホシノ丹沢酵母)
*セミドライストロベリーとキャラメルチョコチップ入りくるみパン(ホシノ丹沢酵母)
*黒糖ロール(サフ)
*レーズン入りバターロール(サフ)←わが家用

天然酵母のパンが大半だったので、前日夜にこねて、そのままオーバーナイト。朝起きてから、発酵具合を見つつ成型、ホイロ。途中、暖かいこたつの中や、冷蔵庫で休ませて時間調整。今回はタイムスケジュールがうまく行って、余裕を持って焼き上げられました。粉の総量なんと2.1kg!計算してみた私もびっくり。

このパンたちは、先日素敵なパンのおくりものをしてくれたひろこちゃん→と、パン好きでつながったお友達、なおちゃん→にお届け。私のパンを送るのは初めてなので、ドキドキ…

おふたりから、おいしかった!と言ってもらえて、ほっとしました。まだまだ納得のいかない出来のものもあったりで、送っていいのかな…と悩んだものもありましたが、喜んでくれて、ほんとうに嬉しかったぁ。

ちょうどホワイトデーが近かったので、近所の仲良しママ友にも少しずつプレゼント。すごく雑なラッピングで申し訳なかったけれど、焼いたその日に届けられる関係と距離、やっぱりいいですね〜

今まではわが家と近所のお友達に焼いていたパンが、パン好きでつながったお友達宛に、全国あちこちに届けたりすることが増えました。パンがつなげてくれたご縁、大切にしたいと思っています。

この時焼いたパンは、こんな風にわが家の朝ごはんに登場。息子たちもおいしいって言ってくれて嬉しかったな。
e0219175_7331372.jpg

左:あこ山食の厚切りトーストにパール柑のジャムをのせて。ミニハンバーガー。
右:セミドライストロベリーのパンと、ゆずパウンド。ゆずパウンドも同封しました。
by always-genki | 2013-03-16 07:28 | ぱんとおやつ

いちごとパール柑

ここ最近、びっくりするほど暖かい日があったり、かと思うと真冬並みに冷え込んだり…三寒四温を感じる日々。

しかし、お野菜の値段もだいぶ落ち着いて、果物も買いやすくなってきました。
そんな中、近くのスーパーで加工用と表示されたいちごが大きなパックで売り出されていたので、これはいい!と買い求め、ずっと気になっていた"セミドライストロベリー"を作ってみました。
e0219175_126617.jpg
ちょっと時間と手間はかかりますが、おいしくって。これはリピ決定です。左下が完成品。右下は副産物のいちごシロップ。

いちごはパンにいれて楽しんでいます。ベーグルにチョコチップと一緒に巻きこんだり、くるみパンに入れたり。甘酸っぱくておいしい〜

シロップはもっぱらいちごミルクに。もっと活用法ありそうですが(笑)お菓子に使っても良さそう。ちなみにお砂糖がきび砂糖しかなかったので、黒っぽくみえますが、実際はもうちょっと綺麗ですー

そして、"パール柑"。
熊本特産のフルーツで、グレープフルーツの親戚にあたり、文旦から生まれた柑橘類だそう。
大きさはグレープフルーツよりひとまわり大きいかな…くらい。皮が厚くて、果肉はやや乾き気味。酸味もそこまで強くない感じです。

これを、ジャムにしてみました。作り方はマーマレードと一緒。ただ、皮を薄くスライスせずに、細かい角切りにしています。コトコト煮たら、綺麗な色に仕上がりました。
e0219175_126780.jpg
あまりとろみはつかず、さらっとした仕上がり。パンに乗せたり、ヨーグルトに混ぜたり。お砂糖は控え目にしてあるので、いろいろ使えそうです。
柑橘類のジャムが好きなので、春先にたくさん煮て、自分用にストックしたり、友達にプレゼントしたり。まだほかの柑橘類でも煮たいな〜と思っています。
by always-genki | 2013-03-13 23:49 | きせつ

ひき肉と春雨の炒め煮

ここ数日、ポカポカ陽気が続いていますね。一気に春らしくなって、ちょっとついて行けていないのは、私だけ?(笑)何となくスッキリしない体調が続いていて…花粉症の方も今はしんどい季節ですね。特に今年はひどいみたいですね。夫もこのところくしゃみ連発して、つらいつらいとこぼしています。

さて今日は、久しぶりのおうちごはんレシピです。教えてリクエストもきていた、わが家の定番レシピ、「ひき肉と春雨の炒め煮」を紹介します。
e0219175_22345782.jpg
《用意するもの》
たまねぎ 半分
にんじん 3分の1
しめじ 1パック
ごぼう 半分
ほうれん草 半束
豚ひき肉 50g〜
春雨(乾燥) 50g〜
*野菜はたまねぎ、にんじん以外は、その時にあるもの、ある量で。ただ水分の多いものはベタベタするかも。
*きのこは種類も量もお好みで。
*春雨はカットされて小分けになったものを使うと便利。長い場合は10センチくらいに切って使う。
*ほうれん草はニラなどでも。


*味つけ用
砂糖 大さじ半分
醤油 大さじ2
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
サラダ油
ごま油

《作り方》
①野菜の下準備をする。
たまねぎは薄切り、にんじんは千切り、ごぼうはささがきに。
しめじは石づきをとってほぐす。
ほうれん草は下ゆでして、食べやすい大きさに切る。
②フライパンにサラダ油を熱し、たまねぎ、にんじん、ごぼう、しめじをいれて炒める。
③たまねぎが透き通って、しんなりしてきたら、野菜をはじに寄せて、ひき肉をいれてしっかり炒める。
④ひき肉の色が変わったら、ひき肉めがけてお酒をいれて、全体に混ぜ合わせる。
⑤ひたひたより少し多いくらいの出汁(もしくは水+粉末だし)をいれて、煮立たせる。
⑥煮立たったら、砂糖、醤油、みりんをいれて、さらに、乾燥したままの春雨をいれて弱火で煮る。
⑦汁気が半分くらいに減ったら、蓋をしてしばらく置く。
⑧春雨が汁気を吸ったら、鍋肌からごま油をひとまわりいれて、ほうれん草をいれて、軽く温めたらできあがり。

とっても簡単ですが、甘辛い味つけで、ごはんが進みます。息子たちも大好き!
お肉は少しでも充分ですが、しっかりおかずとして食べるなら、増やしてください。もやしをいれるとかなりボリュームアップします〜

私はいつも冷蔵庫の残り物で作るので、味つけや材料の分量など、かなり適当です(笑)甘辛い味つけと、最後のごま油がおいしいポイントかな〜と思っています。
by always-genki | 2013-03-08 22:33 | レシピ

おひなさま

昨日はひなまつりでしたね。
わが家は男の子ふたりですが、季節の行事は何となく素通りできないので、ひなまつりごはん、用意しました。
e0219175_2325530.jpg
と言っても、ひなまつりらしいのは、ちらし寿司くらい…しかも、このちらし寿司はあるおかずのリメイク。数日前に友達に教えてもらって、初めて作って感動した(笑)"炒めなます"というお料理。
この料理の材料が、ちょうどちらし寿司の具に似ていたので、そのまま再利用。錦糸たまごやサーモンでちょっと飾り付けをして…
簡単でおいしいちらし寿司ができました。家族はもちろんリメイクおかずとは気づかず、パクパク食べてくれました〜

e0219175_2325560.jpg
長男は今年も幼稚園でひな飾りを作ってきてくれました。去年のものよりずっと上手にできていて、一年の成長を感じるひと時。
ちなみに去年のはこちら→

右の写真にあるものはこちらの地方のおひなさまでいただくお菓子で、"おこしもの"というもの。説明には、米粉を練ったものを木型で型取りし、色をつけて蒸したもの、だそうです。甘くないので、お餅にかなり似ていて、食べ方も一緒。わが家は砂糖醤油で食べました。

わが家には女の子はいないけれど、やっぱりおひなさま、欲しいなぁと毎年思う一日です。小さなかわいいひな飾り探してみようと思います。
by always-genki | 2013-03-04 23:30 | きせつ