人気ブログランキング |

HOME

fairlylife.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

関西弁の絵本

毎晩、寝る前に絵本を読んでいます。最近の息子たちのお気に入りを3冊ご紹介。

e0219175_1149463.jpg
「どこいったん」ユーモアあふれる絵本でおなじみの長谷川義史さんの初めての翻訳絵本。あれ?と思う結末が待っていて。お話のわかる長男は目をキラキラさせながらみていました。

e0219175_114952.jpg
「うどんのうーやん」上の本を買った時にレビューの評価の高さと見た目の面白さで一緒にポチッと。これがまたなかなかよくて…食いしん坊の次男はページをめくるたびに、パクっとうどんを食べるマネをします。同じシリーズの絵本がまだあるようなので、そちらも見てみたいです。

e0219175_1149691.jpg
「ぼちぼちいこか」こちらも翻訳絵本。長男が幼稚園で読んで大好きになった絵本。思わず読んでるこちらも肩のちからが抜けてしまう、そんな絵本。大人にもおすすめです。

こちらはすべて関西弁で書いてあるので、実は私はちょっと読みにくい…夫の方が、ずっとスムーズです。なので、関西弁がうまく話せる方に、特におすすめです(笑)
by always-genki | 2013-01-31 14:06 | かぞく

胃腸かぜ

インフルエンザや胃腸かぜ、今ほんとに流行っていますね。人ごみに行くのも、ちょっとドキドキしたり…
しかし、毎日家にこもりっきりなわけにはいかないので、出かけたあとは特にうがい、手洗いを念入りに…としていたのですが、ついにわが家にもきてしまいました。

まずは、先週はじめに次男が胃腸かぜに…これがまた結構手ごわくて、3日ほどほとんど食べられず、水分とほんの少しの食べ物だけで過ごしました。
いつもごはんを見るとニコニコしながら寄ってくる次男が、これ食べる?と聞くだけでいやいや‼と言うので、かなり心配しました。水分にだけは気をつけて、少しずつ飲ませるようにして。

そして、やっと少し食欲も出てきて、遊ぶ元気も出てきたころ、それに安心したかのか、次男のをもらってしまい…私がダウン。ひさしぶりに胃腸をやられてしまいました。
普段かなり丈夫なので、今回も大丈夫だろうと思っていた矢先でした…幸い、ひどい症状は1日半くらいで落ち着いたものの、食欲がなかなか出てこなくて、いつもの元気がでません。食べるものがからだを作るということを、いつも以上に感じた数日でした。

しかも、私が体調を崩す半日前には、長男も熱を出し…インフルエンザ?と心配になりながら、看病。こちらは一日で平熱になり、その後も上がらなかったので、ひとあんしん。胃腸かぜは大丈夫そう。

こうも立て続けにダウンしてしまって、大活躍だったのが夫!ちょうど週末に重なったこともあり、普段は滅多にやらない家事をすすんでこなしてくれました。ちょっと気分がいい時に手伝おうとしたら、寝てなさい!と怒られる始末。
会社も早退してくれて、夕ごはんも作ってくれました。メニューはカレーライスとサラダとお味噌汁。私胃腸かぜなんですけど…と言いたいところですが、結婚してからはじめて作ってくれたカレー、ふたくちほどいただきました。
学生時代ひとり暮らしを長くしていたとあって、なかなかの味でおいしかったです。息子たちも気に入ったようで、長男は「パパのカレーはママのよりおいしい〜」と(笑)次男は無言で二杯おかわり(笑)作った甲斐があったと言っていました。
ただ、お味噌汁のえのきはつながっていたり、サラダの水菜はすごく長かったり…そのへんは男の料理ということですかね?(笑)
e0219175_2337119.jpg
家族のためにいろいろしてくれた夫に、感謝感謝の週末でした。ほんとに助かりました。
ちなみに、カレーおいしかったから、また作ってよ〜と言ってみたところ、やだ!と、即答(笑)ただ、息子たちのリクエストなら作ってくれるかもしれません。次はいつ食べられるのやら…
by always-genki | 2013-01-29 22:02 | かぞく

ジンジャーシロップ

昨秋に作ってから何度か作っているジンジャーシロップ。
e0219175_15183371.jpg
生姜はからだが温まるので、体調がちょっといつもと違うな…と感じた時にはすぐに飲んで温かくして休んでいます。

そんなジンジャーシロップ。作り方はとても簡単!ネットや本でもいろんなレシピがあります。私の作り方を知りたいな〜とリクエストをいただいたので、書いてみます。

*用意するもの
・しょうが 350g
・きび砂糖 300g(しょうがの約85%)
・水 480g(しょうがの約140%)
・レモン汁 大さじ1程度
・ローリエ 数枚
・唐辛子 1本
・粒こしょう 数粒
※香辛料はお茶パックなどにまとめていれておく。


*作り方
① しょうがはよく洗って、2〜3mmの厚さを目安にスライス。
※皮はむいてもむかなくても…むいた場合は、お砂糖の量など減らしてください。
② お鍋にスライスしたしょうがにお砂糖を加えて、よく馴染ませる。そのまま2時間以上放置。(私は一晩置いておくこともあります)
③ 水分がたくさん出てきたら、水、レモン汁、香辛料をいれたパックを入れ火にかける。
④ 沸いてきたら火を弱めて、アクを取りながら、とろみがついてくるまで、30分程度煮詰める。そのまま冷めるまで放置。
⑤ しっかり冷めたら、シロップは茶こしなどでこして保存容器にいれて、冷蔵庫で保存。
⑥ 残ったしょうがのスライスは、ふきんなどでしぼって、ざるなどに一枚一枚広げて、半日ほど天日干し。半乾きくらいで、保存容器にいれ冷蔵庫に。

シロップの煮詰め具合はお好みによりますが…そのまま飲むものではないので、薄め具合で調整したらいいかな、と思います。あまり煮詰めすぎると、冷蔵庫で固まってしまうかも。私も毎回ちょっとずつ違います(笑)

残ったしょうがを干したものは、いろいろ活用法があるようですが…私は冷凍庫に保存して、お味噌汁やスープなどの汁物に数枚いれて、一緒に食べてしまっています。夫や息子はしょうがは苦手ですが、これなら一人分でもしょうがを気軽にとれます。ほかにも、お砂糖をまぶして、おやつとしていただいたすることもできます。

私のレシピはほんの一例なので、自分好みのシロップを作ってくださいね。

寒い冬、しょうがで温まって、風邪にも負けずに乗りきりたいですね〜
by always-genki | 2013-01-26 15:18 | レシピ

うれしいいちにち

今週月曜日は、私のお誕生日でした。

家族のお誕生日にはお料理やケーキの準備など、結構忙しくしているのですが、自分となるとつい動きが鈍り…ケーキすら用意することなく、ふだんとあまり変わらなく過ごしました。

そんな中、宅急便や来客が。
うれしいプレゼントの数々でした。
e0219175_21272464.jpg
Aちゃんより。
手づくりのパンやお菓子に加え、憧れのイイホシユミコさんのステンレスコースターに、おいしいお茶も。ほんとにたくさん!

e0219175_21272591.jpg
Yちゃん&Kさん夫婦より。
かわいいマリメッコのラテマグ。

e0219175_21272557.jpg
Sちゃんより。
ムーミンマグに渋い色の木のスプーン・フォーク、手づくりベーグルとお菓子も!

e0219175_21272614.jpg
姉より。
姉と私はイニシャルが一緒なので、お揃い(笑)

そして、一番驚いたのはこれ!
e0219175_21272777.jpg
夫からのプレゼントのお花なんですが、毎年渡し方を変えてくるので、いつ届くか全くわからず…今年はすっかりだまされてしまいました。
それでもお花は嬉しいですね!毎日玄関に飾ってみんなで眺めています。

メールもたくさんいただきました。お祝いメッセージは、いくつになっても嬉しいですね〜

プレゼントやメッセージをくださったみなさん、どうもありがとうございました!

今週はいただいた器やお菓子でしあわせなおやつ時間を過ごしています。
e0219175_21272711.jpg


実は誕生日の夜から次男が体調を崩して、胃腸風邪に…なかなか手ごわいゆうで、3日ほどはほとんど食べられずに過ごしました。今日になってやっと回復の兆しが…この季節気をつけているつもりでもやっぱりかかってしまいました。これ以上家族感染しないことを祈ります。
by always-genki | 2013-01-24 21:23 | わたし

おでんのつづき

おでんはたっぷり作ったほうがおいしい!ので、2日は楽しめます。息子たちも、こんにゃくやはんぺんやちくわが大好きで、この3つはいつも余分に用意しておきます。

そんなおでん、最後に中途半端に残ったりしますね…そんな具を使って、わが家はいつも"おでんごはん"にしちゃいます。
たまご以外の具を汁気を切って小さく刻んでおいて。お水のかわりに残ったおでんだしに少しのお塩をふったもので水加減をして(足りなければお水で調整)、刻んだ具を乗せたら、いつものようにごはんを炊くだけ。
e0219175_12485398.jpg
この時は、大根の葉っぱをゆがいて刻んだものを乗せて、いただきました。
おにぎりにしても、おいしいです〜

あとは、おでんのたまごを使って、たまごサンド!つぶしたたまごに、マヨと胡椒で和えただけですが、ちょっと和風でおいしかった〜
たまご料理は苦手な息子たち。このたまごサンドはよく食べていました。次はたまごも多めにしようかな…
by always-genki | 2013-01-22 11:43 | レシピ

わが家のおでん

先日アップしたシンガポールチキンライスが意外と好評だったので、誰にもリクエストされていないけれど、わが家のごはん第2弾(笑)おでんです〜
e0219175_13412132.jpg

まず前日に下準備。
お米のとぎ汁で大根を透きとおるくらいまで下ゆで。こんにゃくは叩いてから切って下ゆで。
下ゆでしたあと、おでんパックについている出汁に昆布をプラスして火にかけて、温まったら大根とこんにゃくをいれて、火を消してそのまま一晩放置。

翌日、食べる半日くらい前に、また鍋を火にかけて温める。温まったら、湯通ししたおでんのネタと卵などのお好みの具材、それにパックに入った削り節を不織布の袋などにいれたものも一緒にいれて…弱火で少し煮込んで、また火を消して放置。
食べる直前に温めるときに、はんぺんをいれて温めたらできあがり。

特になんてことない作り方ですが、温めて冷まして…を繰り返して味を染み込ませるのがポイントかなぁ。

わが家はおでんにみそダレをつけていただきます。名古屋は豆味噌文化の場所。夫はお味噌をたっぷりつけて食べています。コンビニで買っても、味噌ダレもらえます。

普通に食べる以外にも、まだまだ楽しみが。続きはまた次の記事で。
by always-genki | 2013-01-21 13:40 | レシピ

シンガポールチキンライス

わが家で人気のごはん、シンガポールチキンライス。お友達に、レシピ知りたいな〜と言われたので、書いてみようかなと思います。
e0219175_2238191.jpg
*用意するもの
・鶏肉 (もも肉かむね肉)
・ネギの青い部分
・生姜
・つけあわせの野菜

*作り方
①鶏肉にフォークなどでぷすぷすさして、お塩とお酒をふりしばらく放置。
②お鍋にネギとスライスした生姜をいれて、沸く直前まで温める。
③②のお鍋に鶏肉をいれて、火を弱めて5〜10分したら、火を消す。
※むね肉は火を通しすぎるとパサつくので、5分以内で。
④そのまま冷めるまで放置。
⑤冷めたら、茹で汁でごはんを炊く。この時、塩をひとつまみいれるとよい。
⑥タレを作る。混ぜるだけ。
・醤油 大さじ1
・茹で汁 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・ごま油 小さじ1
※この割合で必要に応じて増やしてくださいね。
⑦鶏肉、ごはん、野菜をワンプレートに盛り合わせて、タレをかけたらできあがり。

簡単ですが、茹で汁を冷ましながら、余熱で鶏肉に火を通すので、鶏肉だけ先に茹でておくのを忘れないように…

お肉と茹で汁の量は、いつも目分量なのですが…お肉がしっかりお湯に浸かって浮かんでいれば良いのかな。茹で汁は多ければスープなどにアレンジしてもおいしいので、少し多めくらいがいいかと思います。

タレはわが家で人気の甘辛いものですが、生姜レモンダレやチリソース何かもおいしいと思います。

つけあわせにたっぷりの野菜や卵(茹でたり、炒めたり…)を乗せると、見た目も良く、ワンプレートでバランスのいいごはんになると思います。

実はこのごはん、かなり昔にお店で食べたものを自分なりにアレンジしたもの。今でもたまに行きたくなります…お近くの方は、行ってみてください〜
西荻窪《夢飯(ムーハン)》
by always-genki | 2013-01-17 22:28 | レシピ

一泊二日の帰省

週末の連休で、東京の実家に帰省してきました。今回は初めて新東名を通って、久しぶりに車での帰省でした。
毎年恒例の家族の新年会と、昨年末に生まれた姉の赤ちゃんに会いにいくのが楽しみで楽しみでしかたありませんでした。

日曜日の早朝に出発して、ガラガラの高速をひた走り…
e0219175_2237214.jpg
うつりが悪いですが、左に富士山右に朝焼けを見ながらのドライブ。朝焼けなんていつぶり⁇朝日が登るのも見れて、いい気分でした〜

10時すぎには実家に到着!みんな揃って歓迎してくれました。長男も次男もすぐに遊びだして…いつも慣れるまで時間がかかるのに、とってもスムーズでした。その後はうるさいくらいはしゃいでいましたが。

夜は新年会。
毎年食べきれないほどのお料理が並び、お酒もどんどん勧められます(笑)
e0219175_2237348.jpg
こちらはこどもテーブル。
e0219175_2237392.jpg
こどもたちは遊びたくて遊びたくて、せっかくのお料理もあまり手をつけず…でもデザートだけはしっかり食べていました(笑)

大人は食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、お腹がはちきれそうでしたが、楽しい時間を過ごせました。

そして、昨年末に生まれたばかりの甥っ子とも念願の対面!まだ1カ月たっていない赤ちゃん。ふにゃふにゃしていて、軽くって、可愛かったぁ〜たくさん抱っこさせてもらいました。お風呂の時間、この格好がたまらなくかわいい♡
e0219175_2237440.jpg
長男の時に買ったベビーバスに、浸かっていました。ほかにも、お下がりをもらってもらったので、懐かしい洋服がたくさん。うちの息子たちが小さいころのことを思い出していました。

翌日はもう帰路に。
渋滞を考慮して、もともと早めに出発する予定ではいましたが、雪が降りだしてしまい、慌てて出発!
しかし、みるみるうちに雪景色…
e0219175_2237597.jpg
傘すら持ってくるのを忘れた私たち。チェーンなんてあるわけありません。どうか通行止めになりませんように、事故に巻きこまれませんように…と祈りながらのドライブ。
幸い、運転している夫は、学生時代に雪国で過ごしたこともあり、雪だから…と慌てることはなくて。
何とか雪のエリアを抜けて、雨に変わってひとあんしん。ただ、すごい雨と風で。トイレ休憩もびちょびちょになりながら行く始末。
さらに、新東名のSAには寄りたい!という夫…こんな天気なのに、と思いましたが、だんだん雨も上がってきて、長男と楽しそうにしていました。
e0219175_2237531.jpg
夕方になり、空が夕焼けで染まったころ、やっとわが家に到着。7時間半のドライブ、さすがにちょっと疲れました…

滞在時間23時間半の最短記録更新の帰省、いろいろありましたが、家族揃って楽しいひと時を過ごせてよかったと思っています。
by always-genki | 2013-01-15 22:26 | 帰省

しほさんおやつ

手軽に作れておいしいレシピで人気のなかしましほさん。私も大好きで、おやつや手土産に、よく作っています。

そんなしほさんが、ほぼ日のサイトで昨年5〜8月に「小さなレシピを1ダース」という企画をしていました。
毎週金曜日に簡単なレシピを発表して、それを見て作った写真をツィッターなどで投稿。翌週木曜日には詳しいレシピとともに、なかしま賞として一名選ばれるというもの。それを1ダース、つまり12週続けてやられていました。私もツィートはしませんでしたが、その中からいくつか作りました。

そんな企画が先週からカムバック!また始まりました〜
そして、早速作りました。
今週は「りんごマフィン」
e0219175_035556.jpg
レシピより小さい型で焼きましたが、ふわふわでおいしい!今までも、別のしほさんレシピでマフィンを焼いていましたが、また違った味わい。
ちょうど明日出かけるので、さっそく手土産に持っていこうと思います。


こちらは、昨年のレシピから、「ヨーグルトチーズケーキとシュークリーム」
e0219175_03495.jpg
お正月に夫の実家に帰省していた時に、義妹と一緒に作りました。
お義母さんが、新居にビストロを買っていて…でも、電子レンジ以外に使っておらず。もったいない!と話していたら、どんどん好きに使っていいよ〜と。
そこで、材料をあまり揃えなくても簡単にできる、しほさんレシピが活躍!何せ、秤すらなかったので、大さじと計量カップで何とかはかりました(笑)
それでもおいしくできて、お正月料理にちょっと飽きていたところだったのもあり、売れ行き好調!翌日も追加でシュークリームを焼きました。

これからしばらく金曜日が楽しみです。
by always-genki | 2013-01-12 23:35 | ぱんとおやつ

お正月のこと

お正月は夫の実家で過ごしましたが、実は夫の実家は去年の春から建て替えをしていて、新居が完成してはじめてのお正月でした。

お義父さんのお友達の大工さんが建てた新居は、玄関に入るだけで、木のいい香りが。どこもピカピカ、気持ちいい空間でした。

息子たちも広い空間で思う存分遊び回り、私は傷がついたりしないか内心ヒヤヒヤでした…孫は元気なのはいいよ、と言ってくれてはいましたが。

息子たちは、たくさんの人たちに囲まれて、それは楽しい毎日が過ごせたようでした。
e0219175_22233321.jpg
お義父さんとお雑煮の味見。
e0219175_22233368.jpg
義妹と一緒にお絵描き。
e0219175_22233490.jpg
義弟から素敵なお手紙!

写真はありませんが、お義母さんが一番遊んでくれていました。年末体調を崩していたそうなのに、無理に動かされて、今ごろまた倒れていないか心配です…

自宅に帰ってきて、やっと年賀状にも目を通せました。結婚したよ、2人目生まれたよ、春に赤ちゃん生まれるよ、と嬉しい報告が多かった今年。何年も会えていない学生時代の友達からの便り、嬉しい習慣ですね。
おいしいお餅もいただいて帰ってきたので、しばらくお雑煮や焼き餅を楽しみたいと思っています。
by always-genki | 2013-01-09 13:00 | 帰省